葵舞踊振興協会のコンセプト

葵舞踊振興協会は、昭和61年8月10日に千葉県に産声をあげ、第一回舞踊発表会を開催してから平成24年12月までに、述べ500回以上の舞踊会を千葉県を中心に東京、埼玉、茨城の地域で開催してまいりました。各地域の舞台は低料金でご出演でき、日本舞踊界では老舗と言われる日本舞踊大道具会社の大道具所作台付きの舞台を舞踊の練習研修の場として皆様にお気軽にご利用いただいております。流派、会派に問わず社交の場としてご利用下されば 幸いでございます。協会では年に一度の浅草公会堂での時代が求める新舞踊の定期公演、隔年での国立劇場大劇場 地方付日本舞踊公演、 国立劇場小劇場での日本舞踊に親しむ会を開催しております。ゲストを迎えてのセミナー、コンクールなど 様々な形の行事もございます。 

  

学ぶ。技術を磨く。自分を磨く。 

  

皆様に年齢には関係なくいつまでも輝いていただきたい。。 

 

そんな思いから、葵舞踊振興協会は創立当初からの強い志を保ち、格調高い舞台を親しみやすい料金で提供していくと言う姿勢を大切にしております。 

葵舞踊振興協会のコンセプト・・・

それは、(舞台を共有できる喜びを、互いに認め合い大切に想う豊かな心)です。葵舞踊振興協会を生涯学習の場でもあり憩いの場として皆様にご利用いただきたい。。そして。。舞台上の出演者からも、また客席側からも 心を一つにし共に学び合える環境を作りたいと願っています。中央で現在活躍中の一流の舞踊家や歌舞伎役者、芸能人に特別出演いただき間近で観劇できる機会を皆様に得ていただく。

充実ある豊かな時間を皆様に共有していただきたいと言う主催者側からの思いは発会当初より変わってはいません。

私たちの大切な日本文化。 

その日本文化の向上に、少しでもお役に立てれば無上の喜びでございます。 

 

葵舞踊振興協会

 

フェイスブック始めました。いいね!お願い致します。www.facebook.com/aoibuyou

 

 

 

 

 

平成28年度花葵の会 国立劇場大劇場開催決定




二年ぶりの花葵の会の日にちが決定致しました。


皆様のご出演をお待ちしています。


花葵の会のお問合せはお気軽に事務局までお問合せ下さい。


日時 平成28年 9月 16日


場所 東京三宅坂 国立劇場大劇場


名称 花葵の会


葵舞踊振興協会  ☎ 043-302-0111









平成27年度浅草公会堂百華撰にて NPO法人山葵生涯教育振興会の皆様です。

葵舞踊振興協会百華撰の団体舞踊の部としてご出演いただきました。

写真は千葉県の支部の千葉、茂原、冨里、船橋の皆さんですが、山葵の会で舞踊の地域振興活動されている方、またご希望があれば初めての方でもご出演できます。

団体踊り3名以上の出演で出演料は1曲1万円です。5名で踊ればお一人2千円で出演できちゃう、

それがNPO法人山葵生涯教育振興会です。

踊りは頭も使う、体も使う、特に手の動き、足の動き、首の角度など全身運動なので認知症予防にも最適です。団体踊りはみんなと合わせなければならないので自分勝手には出来ない、だからこそ体にも頭にも良いのです。このように踊りを通じて日本文化に触れることも大切な時間だと思っています。

夏休みの開催ですので、団体踊りのお子様方など、全国からのご出演希望をお待ちしています。お弟子さんを持ち始めたフレッシュな先生も、ぜひお弟子さんの練習の場としてお声掛け下さい。

育てる、育む、学ぶ、舞踊を通じながら舞踊愛好家の皆様がみんなで学べる環境を持てるよう努力していきたいと思っています。

舞踊振興協会は舞踊を愛する全国の皆様との素敵な交流繋がりを心よりお待ちしています。

花葵の会国立劇場大劇場 平成24年9月18日(火)

24年9月に国立劇場大劇場に於いて花葵の会を開催致しました。楽屋裏の様子ですが和やかな舞踊愛好家の皆様の雰囲気をご紹介致します。

長唄 松竹梅をご祝儀で踊られましたのは、鳳翔中村流二代目家元中村鳳紫女華家元と中村鳳紫雀先生、中村鳳紫寛先生。

長唄 浅妻船を踊られましたのは大劇場で初めてお一人の舞台にチャレンジされた若紫桜元さん。

長唄 藤娘を踊られましたのは花葵の会初出演の美杉松扇さん、華秀明妃奈さん、花藤喜久乃さん。ご指導いただきました松島流5世家元松島金昇家元とパチリ。

賛助出演の藤間清継先生と花柳貴柏先生とご一緒に一枚。

長唄 越後獅子を踊られました若月流二代目若月仙之助先生と奥様のかつら様。

長唄 鷺娘を踊られました若柳妙華先生。

お弟子さんとポーズ。 九州から応援にいらして下さいました。

長唄創作道成寺を踊られました美作流お家元美作百合佐保家元と美作凛先生、美作遊先生、ご社中総勢12名の皆様。監修をお願いしましたのは能楽囃子大倉流・太鼓重要無形文化財総合認定保持者大倉正之助様。

清元 津山の月を踊られました西川扇武先生と賛助出演松島金昇先生。

長唄 俄獅子を踊られましたのは花ノ本徳一郎先生とお弟子様の花ノ本徳香代さん、花ノ本徳貴予さん。

清元 玉屋を踊られました若柳松誉先生。

清元 神田祭りを踊られました若月流家元若月仙之丞家元と若月仙太郎先生。

長唄 連獅子を踊られましたのは若紫流家元若紫さくら先生と賛助出演の花柳寿太一郎先生。楽屋で二人でピース。

楽屋では写真が撮れなかった為、舞台写真を拝借致しました。長唄 二人椀久を踊られました坂東三知寿々先生と賛助出演七々扇流4世家元七々扇花瑞王家元。

清元 青海波 特別出演 花川流六世家元花川蝶十郎家元(舞台写真より)小田紗佑里(花川花蝶)

特別企画 三ツ人形の前に演劇評論家の藤田洋先生にご挨拶をいただきました。

素晴らしかった三ツ人形。感動をありがとうございました。

平成24年国立劇場大劇場花葵の会、特別企画は、西川箕乃助先生、藤間蘭黄先生、山村若先生をお迎えし、常磐津 三ツ人形を特別出演いただきました。(舞台直前にご本人にご確認の上お写真を撮らせていただきました。)幕間では演劇評論家藤田洋先生に三ツ人形についての解説をお願い致しました。当日の三ツ人形の舞台は本当に素晴らしく初めて拝見させていただいたお客様も多数おりました。当日いらしていただいた多くのお客様に、言葉には出来ないほどの感動を舞台上からいただきましたことを心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。なお、次回の国立大劇場花葵の会開催予定は 平成26年8月27日 に決定致しました。夏休みですので子供さんや学生さんに是非ご出演いただきたいと思っています。花葵の会についてのご出演希望、お問合せなど詳しくは葵舞踊振興協会事務局までお問合せ下さいませ。

 

 

 

 

 

 

みんなで繋げよう 踊りの輪と和

浅草公会堂百華撰(平成24年7月26日)舞台裏の様子です。

今年の百華撰も大盛況に終えることができました。2階3階席まで立見席が出る等今年も賑やかな会でした。来年も7月に開催が決定しています。是非皆様のご出演を心よりお待ちしています。舞台裏の一部の様子ですがご覧下さい。

葵会のスーパースター若月仙之丞お家元と仙之助先生亮先生とお弟子さんです。蝶の道行熱演でした。
葵会のスーパースター若月仙之丞お家元と仙之助先生亮先生とお弟子さんです。蝶の道行熱演でした。
雅賀博先生率いる賀博会社中の皆様。雅博馬君は6歳から百華撰にご出演下さっています。お客様のファンも多くその成長振りを客席一丸となって見守っています。今年はなんと女方。とても綺麗でしたよ~。20代30代の若い師範の方々の活躍も楽しみです。
雅賀博先生率いる賀博会社中の皆様。雅博馬君は6歳から百華撰にご出演下さっています。お客様のファンも多くその成長振りを客席一丸となって見守っています。今年はなんと女方。とても綺麗でしたよ~。20代30代の若い師範の方々の活躍も楽しみです。
珠耀会社中の皆様と七々扇先生と肩を並べてポーズ。いつも気品溢れる珠耀先生が沢山のお客様をお連れ下さいました。本当にありがとうございました。
珠耀会社中の皆様と七々扇先生と肩を並べてポーズ。いつも気品溢れる珠耀先生が沢山のお客様をお連れ下さいました。本当にありがとうございました。
若葉流社中の皆様と若葉和乃様。山田みどり先生もお出掛けいただきました。嬉しかったです。
若葉流社中の皆様と若葉和乃様。山田みどり先生もお出掛けいただきました。嬉しかったです。
綺麗な若柳芙美先生と中学生のお弟子さん。芙蓉会は学生さんのお弟子さんが多く若いエネルギーで溢れています。幻想的な音楽も素敵でした。
綺麗な若柳芙美先生と中学生のお弟子さん。芙蓉会は学生さんのお弟子さんが多く若いエネルギーで溢れています。幻想的な音楽も素敵でした。
若葉芙蓉先生とお弟子さんで歌手のひめひおをぎ乃詠さん。生で見る歌の迫力は凄かった~。
若葉芙蓉先生とお弟子さんで歌手のひめひおをぎ乃詠さん。生で見る歌の迫力は凄かった~。
若駒会社中の皆様。社中でご出演いただくのは初めてでしたが皆さんとても落ち着いていらっしゃいました。これからもどうぞ宜しくお願い致します。
若駒会社中の皆様。社中でご出演いただくのは初めてでしたが皆さんとても落ち着いていらっしゃいました。これからもどうぞ宜しくお願い致します。
元気でオーラ溢れる若紫さくら先生と若紫会の社中の皆様。今年の創作は流れゆく平家。音楽構成や舞台演出などにも力を入れてらっしゃるのが場内に伝わり今回も感動したお客さまが多かったそうです。
元気でオーラ溢れる若紫さくら先生と若紫会の社中の皆様。今年の創作は流れゆく平家。音楽構成や舞台演出などにも力を入れてらっしゃるのが場内に伝わり今回も感動したお客さまが多かったそうです。
花若先生を中心とした野田会の皆様。毎年百華撰を楽しみにして下さっています。
花若先生を中心とした野田会の皆様。毎年百華撰を楽しみにして下さっています。
花の幡随院皐月由樹寿先生。男踊りが得意でかっこいいです~。 
花の幡随院皐月由樹寿先生。男踊りが得意でかっこいいです~。 
千咲郁扇先生と若柳慶次郎先生とでポーズ。綺麗です~。
千咲郁扇先生と若柳慶次郎先生とでポーズ。綺麗です~。
若月仙之丞先生と花柳稔千代乃先。大和楽江戸風流を踊られました。
若月仙之丞先生と花柳稔千代乃先。大和楽江戸風流を踊られました。